ヤンキース ガードナーが腹部を手術「ほぼ回復している」

[ 2014年11月6日 19:14 ]

 ヤンキースは5日、ブレット・ガードナー外野手(31)がシーズン中に違和感を覚えていたという腹直筋の修復手術を受けていたと発表した。

 10月16日にフィラデルフィアで腹部の右側にメスを入れたというガードナーは「手術を受けてから数週間が経つけれど、90から95パーセント回復している。あと1週間で完治するよ」と来季15年シーズンには問題ないことをアピールした。

 「これでオフシーズンにしっかりと来季への準備ができる」と充実の表情を見せるガードナーは今季148試合に出場して打率2割5分6厘、17本塁打、58打点をマークした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月6日のニュース