ソフトB球団社長、松坂に強い関心「いい選手」 連覇へ補強の目玉

[ 2014年11月1日 05:30 ]

メッツの松坂(AP)

 ソフトバンクの後藤芳光球団社長兼オーナー代行(51)は31日、メッツからFAとなった松坂について「いい選手ですね」と語り、関心の高さをうかがわせた。

 既に獲得に向けた調査を開始しており「(補強は)これから。現場と相談しながら。チームに必要な戦力を総合的に判断する」と述べた。松坂は今季、先発9試合を含む34試合で3勝3敗1セーブ、防御率3・89。米国時間4日(日本時間同日夜)の交渉解禁を待って獲得に乗り出す構えだ。

 今季の先発陣は故障者が続出したものの、補強した中田、スタンリッジがチーム最多の11勝をマーク。シーズンを通して安定した成績を残す原動力となった。後藤社長は「投手は過酷なポジション。補強がなければ大変だった」と話しており、松坂を今オフの補強の目玉と位置づけ、その動向を注視していく。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年11月1日のニュース