楽天ドラ4は日系ブラジル人 バレ打法で開幕1軍だ

[ 2014年11月1日 05:30 ]

母国ブラジルの国旗を手にガッツポーズする日系4世の白鴎大・フェルナンド

 楽天の長島哲郎スカウト&ディベロップメント部副部長らが、栃木県小山市内の白鴎大を訪れ、日系ブラジル人のフェルナンドにドラフト4位指名のあいさつを行った。

 今季2桁本塁打を放ったのは24本塁打のジョーンズのみで、チーム本塁打78本は両リーグ最少。長距離砲の台頭が期待されるだけにヤクルト・バレンティンを目標とする右の大砲は、「フルスイングと右方向にも長打を打てるのが持ち味」とバレンティンを参考にした「バレ打法」で開幕1軍を目指す考えだ。

 5歳から母国を離れて日本に住み、ポルトガル語と日本語だけでなく、スペイン語、英語を操るマルチリンガル。ラテン系の陽気な性格だけに、お立ち台でサンバを披露するプランにも「ファンに愛される選手になりたい」とノリノリだった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年11月1日のニュース