谷繁兼任監督 4000万円ダウンで更改、出場91試合に「当然」

[ 2014年11月1日 13:38 ]

<中日・契約更改>大幅ダウンで選手契約し厳しい表情の谷繁兼任監督

 中日の谷繁元信兼任監督(43)が1日、チームのトップバッターとして契約交渉に臨み、4000万円減の推定年俸9000万円で一発サインした。

 今季は91試合の出場にとどまり、打率.195、1本塁打23打点。チームも2年連続のBクラスに終わり「当然、ダウンです。来年45歳になる自分がこれだけ給料をもらえること自体がありがたい」とサバサバした表情で話した。

 来季については「現実問題として引退が近づいているのは間違いないし、悔いのないように、捕手として少しでも伝えながらやっていきたい」とキッパリ。なお、監督としては、年俸1億円の4年契約を結んでおり、来季が2年目となる。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月1日のニュース