西岡“守備妨害”に言及「白線ギリギリに走ったのは事実」

[ 2014年11月1日 06:20 ]

30日の日本シリーズ第5戦、9回1死満塁で西岡はファウルラインの内側を走ったとして守備妨害をとられる
Photo By スポニチ

 阪神・西岡は、日本シリーズ敗北が決まった守備妨害(記録は一ゴロ併殺打)のシーンについて、一夜明けてあらためて言及した。

 「打った瞬間、併殺になると思い、少しの可能性にかけて“送球が当たってくれ!”と白線ギリギリに走ったのは事実」

 一方で、本塁封殺後の捕手・細川からの送球が自身の左手に当たった時点では、ラインの外側にいたことも主張。いちるの望みを託した紙一重のプレーだったが、無念の結末となった。「でも、あの場面で一ゴロを打ってしまった、というのが今の僕の全力ですね」。自らのふがいなさも口にし、敗戦の責任を背負って帰路に就いた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年11月1日のニュース