FA嶋「来年も楽天でお世話に」 行使せず残留を明言

[ 2014年11月1日 05:30 ]

楽天の嶋(左)と大久保監督

 国内FA権を取得した楽天の嶋基宏捕手(29)が31日、秋季練習を打ち上げたコボスタ宮城で「来年も楽天でお世話になりたい。8年間いろいろな方にお世話になった。その分をまだ返してない」と権利を行使しない意思を明かした。

 昨年12月に4年契約を結んだが、今オフは権利を行使できることになっていた。前日には「せっかく得た権利だし、1回だけの野球人生。ギリギリまで悩んで決断したい」と慎重な姿勢を示していたが、ソフトバンクが日本一になった場面をテレビで見て「今のチームメート、ファンの皆さんと一緒に優勝の味をまた味わいたいと思って決断しました」と話した。

 残留交渉が実った立花陽三球団社長は「大事な選手。ありがたい」と笑顔。大久保新監督も「チームの顔。ひと安心」と喜んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月1日のニュース