青木白星締めも地区Vならず「まだ終わりじゃない」

[ 2014年9月30日 05:30 ]

ホワイトソックス戦の5回、左前打を放つロイヤルズ・青木

ア・リーグ ロイヤルズ6―4ホワイトソックス

(9月28日 シカゴ)
 ロイヤルズの5回攻撃中、首位タイガースが勝って地区4連覇決定の一報を受けた。そのため青木はこの回、左前に2安打目を放ったが、直後の守備から他の主力選手とともにベンチに退いた。

 「もちろん優勝はしたかったですけど、これで終わったわけじゃない」。タ軍が敗れ、ロ軍が勝てば最終戦で同率首位に並び、優勝決定戦に持ち込めた。29年ぶりの地区優勝の夢は破れたが「いい感触でポストシーズンに入れる」。8試合連続安打で9月の月間打率は・375と最高の形でレギュラーシーズンを終え、メジャー3年目で初のプレーオフに向かう。

 30日(日本時間10月1日)に本拠地カンザスシティーでアスレチックスとワイルドカードゲームを戦う。本拠地でのプレーオフはワールドシリーズを制した85年以来。今季、日本選手で唯一プレーオフに進む青木は「一つのミスも許されないような試合。気合を入れて最高のプレーをファンに見せたい」と力強かった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2014年9月30日のニュース