DeNA 投手戦を制す!3安打完封で山口8勝目!

[ 2014年9月30日 20:35 ]

<神・D>完封で8勝目を挙げたDeNA・先発の山口

セ・リーグ DeNA1―0阪神

(9月30日 甲子園)
 両軍合わせて6安打の投手戦をDeNAが制した。

 DeNA・山口、阪神・メッセンジャー、両先発投手の好投により両軍無得点で迎えた5回、下園の内野安打とバリディリスの左前打、さらに黒羽根が四球を選んで2死満塁。この場面でメッセンジャーが山崎に押し出しの死球を与え、DeNAが先制。この貴重な1点を山口が最後まで守り切った。

 その先発・山口は阪神打線に対して圧巻の投球を披露し、許した安打は3本のみ。10日のヤクルト戦で記録したプロ初完封以来、今季2度目の完封で8勝目を挙げた。

 2試合連続で中4日での先発となったメッセンジャーは5回に失点を許したものの、8回まで投げて、DeNA打線を3安打に抑える堂々の投球。しかし、打線が3安打無得点と援護に恵まれずに10敗目。チームは今月3度目、今季12度目の零封負けを喫した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2014年9月30日のニュース