ドカベン香川氏に200人別れ…佐野氏弔辞「記憶に残るスター選手」

[ 2014年9月30日 12:18 ]

葬儀・告別式の会場を出る香川伸行氏のひつぎ

 元プロ野球南海(後にダイエー、現ソフトバンク)の捕手で、26日に52歳で死去した香川伸行氏の葬儀・告別式が30日、福岡県朝倉市の斎場で営まれ、プロ野球関係者ら約200人が最後の別れを告げに足を運んだ。

 斎場の入り口付近には現役時代の写真やユニホームが飾られた。近鉄などで投手として活躍し、引退後に香川氏と仕事で付き合いがあったという佐野慈紀さんは弔辞で「記録もさることながら、記憶に残るスター選手でした。もっと話をしたかった」と早すぎる死を悼んだ。

 香川氏は横幅のある体形と強打が相まって、人気野球漫画の主人公にちなみ「ドカベン」の愛称で親しまれた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2014年9月30日のニュース