広島・菊池 2位王手打!「まだしびれてます」

[ 2014年9月30日 22:05 ]

<広・ヤ>8回2死一、二塁、菊池が左越えに勝ち越しの適時二塁打を放つ

セ・リーグ 広島7―6ヤクルト

(9月30日 マツダ)
 広島・菊池が同点の8回に決勝打を放ち、2位確保に王手をかけた。

 「まだちょっとしびれてます。感触ですけど」

 8回2死一、二塁、バットを折るファウルの直後、山本哲から左翼の頭上を越える勝ち越しの適時二塁打を放った。続けて「悔しいですね。貴重な一本なんで。恨みは晴らしました」と客席の笑いを誘った。

 シーズン通算安打は186と、ヤクルト・山田に1差をつけてセ・リーグのトップ。守ってもシーズン529補殺と自らの持つプロ野球記録を更新した。

 打って守っての活躍で、広島は1日の阪神戦(マツダ)に引き分け以上で2位が確定する。「期待してください!」。24歳の3年目。チームリーダー的存在に成長した攻守のキーマンの雄叫びが本拠地にこだました。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2014年9月30日のニュース