セパ白熱!オリックス、首位に肉薄!広神は1日に直接対決

[ 2014年9月30日 22:17 ]

 パ・リーグは30日、逆転優勝を目指す2位オリックスが7―3で楽天に逆転勝ちし、試合がなかった首位ソフトバンクにゲーム差なしに迫った。ソフトバンクは10月2日の直接対決でオリックスに勝てば3年ぶりのリーグ優勝が決まる。オリックスが勝てば優勝へのマジックナンバーが「1」で再点灯する。

 セ・リーグは2位広島が7―6でヤクルトに競り勝ち、3位阪神が0―1でDeNAに敗れたため、1ゲーム差に開いた。広島は1日の阪神戦に勝つか、引き分ければ19年ぶりの2位が確定する。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2014年9月30日のニュース