ソフトB、ウエスタン・リーグ新記録の68勝

[ 2014年9月30日 19:24 ]

 ウエスタン・リーグは30日、全日程を終了し、既に優勝を決めていたソフトバンクがシーズン68勝のリーグ新記録を樹立した。2位以下の最終順位は広島、阪神、オリックス、中日となった。

 ソフトバンクの牧原大成内野手はシーズン120安打のリーグ新記録をマークし、首位打者に輝いた。個人タイトルは次の通り。

 首位打者 牧原大成(ソフトバンク)3割7分4厘▽最多本塁打 猪本健太郎(ソフトバンク)17▽最多打点 塚田正義70▽最多盗塁 安部友裕(広島)26▽最高出塁率 塚田正義(ソフトバンク)4割2厘▽最優秀防御率 二神一人(阪神)2・02▽最多勝利 東浜巨、飯田優也(以上ソフトバンク)秋山拓巳(阪神)9▽最多セーブ フィリップス(広島)17▽勝率第1位 山田大樹(ソフトバンク)8割8分9厘

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2014年9月30日のニュース