ゴメス意地の一打 延長10回0―0からサヨナラ犠飛

[ 2014年9月30日 05:30 ]

<神・De>手洗い祝福からおどけたように逃げるゴメス

セ・リーグ 阪神1-0DeNA

(9月29日 甲子園)
 4番の意地、セ・リーグ打点王のプライドだった。阪神のゴメスが0―0で迎えた延長10回1死満塁で中犠飛を放った。来日初のサヨナラ打で3連勝に導き「ヒーローになれるチャンスをもらってハッピー。(サヨナラ打は)マイナーリーグでは何度か打ったけどね」と喜んだ。

 直前に3番の鳥谷が敬遠された8回2死満塁では遊ゴロに倒れた。サヨナラの場面でもDeNAベンチは直前に鳥谷を敬遠し、満塁策を敷いていた。ゴメスは「相手の作戦だから」と多くは語らなかったが、相手の思い通りにはさせなかった。

 先日、伸びた髪の毛を刈った。丸刈りヘアに加え「奥さんに“それ”と言われてね」と自慢のヒゲもカット。若返った4番は「ファンのためにも甲子園でCSをやりたい」と、残り2試合でゲーム差なしの2位・広島を追い抜くことを誓った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2014年9月30日のニュース