涙こらえるバンビ2世「もっと先輩たちと野球がしたかった」

[ 2014年8月18日 14:19 ]

<東邦・日本文理>9回2死、ベンチで泣き始める東邦・藤嶋

第96回全国高校野球選手権2回戦 東邦2-3日本文理

(8月18日 甲子園)
 1977年の準優勝に貢献した坂本佳一投手にちなみ「バンビ2世」と注目された東邦の1年生右腕、藤嶋は2点リードを守りきれず「もっと先輩たちと野球がしたかった」と必死に涙をこらえた。

 自慢の速球が狙われた。六回無死から3連続長短打を浴び、4番打者に逆転打を喫した。「完全に僕の力不足。ここぞというときに誰も打てないようなストレートを投げられるようになりたい」と課題を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月18日のニュース