新外国人ランズラー、来日初登板も散々…今後の起用法は未定に

[ 2014年8月18日 08:41 ]

 オリックスの新外国人左腕のランズラーが、ウエスタン・阪神戦(佐藤薬品スタジアム)で来日初登板したが、森田、陽川に連続被弾するなど2回3安打2四球で3失点と散々な内容だった。

 報告を受けた高山投手コーチは「まずは日本の野球に慣れてもらうのが先。サインプレーも多いし、日本のバントにも対応してもらわなければ。きょうの結果は参考にしない」と説明。現状、先発、中継ぎの両にらみで調整させており、今後の起用法は未定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月18日のニュース