オリ完封負け 森脇監督「敗戦の責任は俺にある」

[ 2014年8月18日 05:30 ]

<オ・ソ>6回1死、ペーニャは三振に倒れる

パ・リーグ オリックス0-1ソフトバンク

(8月17日 京セラD)
 オリックスは9回を守護神のサファテに抑えられ、今季3度目の7連勝は消えていった。

 終わってみれば、7月2日の楽天戦(京セラドーム)以来の完封負け。京セラドームでは今季8戦目にして初めてソフトバンクに敗れた。「すべてにおいて後手を踏んだ。うちが後手を踏むことは負けを意味する。敗戦の責任は俺にある」と、森脇監督は責任を背負った。

 武田のカーブと、細川の老かいな組み立てにやられた。初回2死一、二塁では、T―岡田が追い込まれてカーブを見逃し三振。5回までの4三振は、すべて勝負球にカーブを使われて、3つは見逃し三振だった。長内打撃コーチは「追い込まれると何でもある。いい投手には、追い込まれる前に何とかしなければいけない」と唇をかんだ。

 ただ、指揮官にはそれも想定内。「棒で打つ確率は、元々少ない」と、適時打が出なくても勝てる方法を模索した。7回には李大浩(イ・デホ)の野選などで無死一、三塁と流れを引き寄せたが、前夜決勝打の鉄平が武田の4球連続カーブに空振り三振。最後は2死満塁で糸井が134キロのスライダーに投ゴロに倒れた。無安打で決勝点を奪ったソフトバンクとは対照的に、勝負どころで打てなかったことが響いた。

 勝てば1ゲーム差に縮まる大チャンスは逃したが、勝ち越しただけでも大きい。次回の直接対決は、9月2日からの敵地での3連戦。前回、敵地では3連敗して首位から陥落しており、雪辱を果たす舞台に乗り込む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月18日のニュース