作新学院 4年連続初戦突破ならず 朝山、先制弾も「完敗」

[ 2014年8月18日 05:30 ]

<沖縄尚学・作新学院>初戦で敗れ、甲子園を去る作新学院・朝山

第96回全国高校野球選手権2回戦 作新学院1―3沖縄尚学

(8月17日 甲子園)
 4年連続10度目出場の作新学院(栃木)が沖縄尚学(沖縄)に1―3で敗れ、4年連続の初戦突破を果たせなかった。初回、3番・朝山広憲外野手(2年)が公式戦初本塁打となる先制の中越えソロを放つ幸先のいい滑り出しだった。しかし、その裏に追いつかれ、2回以降は相手エースの山城大智投手(3年)の前に沈黙。3安打に抑えられ、14三振を喫した。

 このまま終わりたくない。朝山は一塁へヘッドスライディングした。2点を追う9回2死無走者。無我夢中で走ったが、無情にも二ゴロに倒れた。2度目の夏は、最後の打者で終わった。昨夏も出場した甲子園。「完敗です。チャンスで1本が出なかったし自分一人のせいで負けてしまった。申し訳ない」と悔しさをにじませた。

 1年生ながら昨夏、甲子園の土を踏み、成長した姿を見せた。打撃好調を買われて打順は3番。初回2死。「真っすぐが来たらコースはどこでも打ってやる」。有言実行だった。「沖縄のライアン」こと山城が投じた2球目の直球を振り抜くと、ライナー性の打球はバックスクリーン右に吸い込まれた。先制ソロ。1―2で迎えた5回に救援し、2年連続で甲子園のマウンドに立った。

 ところが、いきなり連続四球を与えた。「県大会で通用したボールも見逃されたり、カットされたり。嫌だなと思いながら投げていた」。それでも好フィールディングでピンチを切り抜けた。1死一、二塁から伊良部の送りバントを三塁で封殺。「思い通り、練習してきた通りにやれた」。6回に1点を失ったが、7回以降はワインドアップからセットポジションに変えて無失点。4回を1失点に抑えてみせた。
 
 アルプスで見守った朝山の父・憲重さん(49)はPL学園の桑田、清原の「KKコンビ」が1年生で全国制覇した83年に主将を務めた。甲子園では本塁打を打てなかっただけに「僕はホームランを狙っても打てなかった。そういう意味では息子に超えられちゃったかな」と目を細めた。

 昨夏、朝山とともに甲子園を経験している2年生でリードオフマンの添田も攻守で奮闘した。6回に中前打を放ち、4打数1安打。三塁から遊撃へコンバートされた今春に小針崇宏監督からもらったグラブで遊撃の守備も無難にこなし「ショートの難しさが分かった。この経験を次に生かしたい」と振り返った。

 あと2回、甲子園出場のチャンスはある。昨夏3回戦で敗れて泣いた朝山は涙を見せなかった。「また、苦い思い出になってしまった。もっと強くなって信頼される選手になりたい」。悔しさと決意を胸に、聖地へ戻ってくることを誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月18日のニュース