敦賀気比 初戦に続く2桁安打 岡田が約束果たす2ラン

[ 2014年8月18日 05:30 ]

<敦賀気比・春日部共栄>1回2死三塁、岡田は中越え2ランを放ち、ガッツポーズ
Photo By スポニチ

第96回全国高校野球選手権2回戦 敦賀気比10―1春日部共栄

(8月17日 甲子園)
 敦賀気比打線は10安打で10得点。21安打で16得点した初戦に続く2桁安打2桁得点で快勝し、東哲平監督は「ナイスゲーム。一試合一試合、選手が成長して頼もしく感じる」と目を細めた。

 初回に4番・岡田がバックスクリーンへ高校通算36号の先制2ラン。2回は3連打から打者9人で4点を奪い、主導権を握った。捕手としても平沼を好リードした岡田は前日に誕生日だった後輩に「ホームランを打つから」と約束しており「完璧。平沼の頑張りに応えたかった」と胸を張った。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月18日のニュース