観客乱入…上原 被弾&初死球「未熟さ、心の乱れが出た」

[ 2014年8月18日 05:30 ]

<レッドソックス・アストロズ>今季初の死球を与えた上原(AP)

ア・リーグ レッドソックス10―7アストロズ

(8月16日 ボストン)
 レッドソックスの上原が珍客にリズムを乱され、後半戦14試合目の登板で初失点を喫した。

 4点リードの9回から登板し、「点差があったから」と珍しくカーブも試して2死を奪った。だが、3人目のカストロを追い込んだところで観客がグラウンドに乱入して中断。再開後の5球目の直球を被弾した。その後も今季初の死球を与え「未熟さ、心の乱れが出た」と反省した。前日に続くファンの乱入に「こちらも生活をかけてやっている。やめていただきたい」と訴えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月18日のニュース