パラリンピアン佐藤真海「一球入魂」ワンバン始球式

[ 2014年8月18日 05:30 ]

<楽・ロ>始球式を行った佐藤真海さん

パ・リーグ 楽天3-1ロッテ

(8月17日 コボスタ宮城)
 2020年東京五輪・パラリンピックの招致に尽力したパラリンピック陸上の佐藤真海(32=サントリー)が始球式を務めた。

 宮城県気仙沼市出身。昨秋の国際オリンピック委員会総会での最終プレゼンテーションでは、東日本大震災や病気の実体験に基づいたスピーチを行い、招致成功に貢献した。投球は惜しくもワンバウンドになったが「こういう機会をいただき光栄です。物凄く緊張しましたが、一球入魂しました」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月18日のニュース