ライアン小川 自己ワースト7失点5敗目 復帰後精彩欠く

[ 2014年8月18日 05:30 ]

<中・ヤ>3回までに7失点の小川

セ・リーグ ヤクルト3-7中日

(8月17日 ナゴヤD)
 ヤクルトの小川が自己ワーストの7失点で5敗目を喫した。

 初回に川端の失策で先制を許すと、3回は投手の雄太に許した二塁打と野選をきっかけに大量6失点。すべての球が高めに浮き「制球を意識しすぎてピッチングが小さくなっていたかもしれない」と反省の言葉を並べた。前回登板の10日のDeNA戦(横浜)でも5回1/3を6失点と乱調で、右手有鉤骨鉤(ゆうこうこつこう)骨折から復帰後は2勝4敗と精彩を欠く。小川監督は「野手に足を引っ張られたかもしれないが何とか粘ってほしかった」と注文を付けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月18日のニュース