大トリ関西 ジンクス崩せず…「1番・投手」逢沢、失点悔やむ

[ 2014年8月18日 05:30 ]

<関西・富山商>5回を投げ1失点の関西先発・逢沢

第96回全国高校野球選手権2回戦 関西1―3富山商

(8月17日 甲子園)
 49代表の最後に登場した関西(岡山)は、8回までわずか2安打。9回2死二塁から奥村の適時打で完封負けを逃れたものの、「大トリ」で登場する代表校が苦戦するジンクスを覆せなかった。

 江浦滋泰監督は「見逃し三振をしてもいいから、低めを振るな」と指示していたのに、富山商・森田のキレのある球にバットが次々と空を切る。相手は1回戦を完封勝利しており「こっちは初戦で、そういう(勢いの)差が出た」とも振り返った。

 「1番・投手」で先発した逢沢主将は4打数無安打1三振。「直球と同じ腕の振りのまま、スライダーが来た」。最速144キロ左腕は、立ち上がりに制球を乱して失点し6回から中堅に入った。大学では二刀流ではなく、50メートル5秒8の足を生かして外野手一本で勝負する。中3の時にマツダスタジアムで見てファンになった中日・大島のような「打って守って走れる三拍子揃った選手」になることを誓った。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月18日のニュース