青木、走攻守で躍動 雨で中断「長い試合だったなと…」

[ 2014年8月18日 09:27 ]

ツインズ戦の2回、中前に2点適時打を放つロイヤルズ・青木

ア・リーグ ロイヤルズ12―6ツインズ

(8月17日 ミネアポリス)
 ロイヤルズの青木が走攻守にわたる活躍で勝利に貢献。チームはア・リーグ中地区首位の座をがっちりキープした。

 2―1と逆転した2回、1死満塁の好機で迎えた第2打席。「外の真っすぐか、カッターを狙っていた」と外角球を中前に運び、2者を迎え入れた。次打者のときに二盗を決め、守備では「最初は霧雨。二つ目のは照明で見えなかった」と振り返りながらも3、8回と難しい飛球を好捕した。

 雨のため試合開始が遅れた上に、途中で中断もあった。「長い試合だったなという気がします」と話したが、その表情は充実していた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月18日のニュース