マー君 17日からブルペン入り、15日は守備練習など行う

[ 2014年8月16日 08:19 ]

故障後初めて実際のマウンドに上がり、投球動作を行うヤンキース・田中将

 右肘を痛めて故障者リスト(DL)入りしている米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(25)が16日(日本時間17日)にブルペンでの投球練習を始めることが決まった。15日、遠征地のセントピーターズバーグでジラルディ監督が明らかにした。直球のみ25球を予定している。

 15日は最長約40メートルのキャッチボールに続いて故障後初めて実際のマウンドに上がり、けん制や守備の練習を行った。田中将がボールを持たずに投球動作だけを行うと、それに合わせてロスチャイルド投手コーチがノック。一塁カバーに入る動きを練習し、二塁や三塁への正確な送球も見せた。

 ロスチャイルド投手コーチは「きょうは軽め。明日に備えての準備ということ」と話した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月16日のニュース