×

ロッテ 福浦 執念の一打 土壇場で追いつき引き分けに持ち込む

[ 2014年7月15日 22:47 ]

<ロ・ソ>9回2死二塁、ロッテの代打・福浦は同点に追いつく左前適時安打を打つ

パ・リーグ ロッテ3―3ソフトバンク

(7月15日 QVCマリン)
 ロッテが9回に福浦の左前適時打で同点とし、延長12回引き分けに終わった。

 ロッテは4回に井口の適時二塁打、5回には1軍に昇格したばかりの川本のソロ本塁打で2度追いつき、9回も1点ビハインドの展開で代打福浦がタイムリーを放った。延長12回、2死一、二塁の好機を迎えたが、井口が三振に終わった。

 ソフトバンクは初回、内川の中前適時打で先制すると、5回に今宮、7回に中村の適時打で得点を重ねたが、最終回に抑えのサファテがつかまった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月15日のニュース