×

球宴全パ監督問題 ロッテ伊東監督で決着「引き受けざるを得なかった」

[ 2014年7月15日 05:30 ]

<ロ・ソ>試合前、伊東監督(右)と秋山監督はスタメンの確認を行う

 パ・リーグは14日、「マツダオールスターゲーム2014」(18、19日)でロッテの伊東勤監督(51)が全パの監督を務めると発表した。

 楽天・星野仙一監督(67)が胸椎黄色じん帯骨化症を理由に辞退を申し入れていた球宴監督問題は本番4日前に決着した。伊東監督はこの日、星野監督から2日前に電話での要請があったことを明かした。事前の打診や相談はなく困惑気味だが「星野さんの言葉を聞いたらね。引き受けざるを得なかった」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月15日のニュース