×

ヤク山田 3安打3打点 球宴推薦原監督に強烈“恩返し”

[ 2014年7月15日 05:30 ]

<巨・ヤ>3回無死、山田(中央)は本塁打を打ちバレンティン(左)らナインの出迎えを受ける

セ・リーグ ヤクルト12-1巨人

(7月14日 東京D)
 ヤクルトは先発全員、今季最多タイ19安打の猛攻で連敗を5で止めた。

 1点を先制された直後の3回、山田が内海のスライダーを左中間席中段へ13号同点ソロ。「点を取られた次の回に打てたのは大きかった。完璧な当たりでした」。12日のDeNA戦(神宮)は39度を超える高熱のため欠場。開幕からの連続試合出場が80で途切れたが、この日は3安打3打点と大暴れ。試合前、原監督に球宴監督推薦のお礼を言うと「準備しておいてくれ。頑張れよ」と激励を受けた21歳は「いいプレーを見せられてよかった」と照れ笑いしていた。

 ▼ヤクルト・バレンティン(6回に復帰2戦目で初安打となる左越え二塁打)常にリラックスして臨んでいる。(本塁打にならず)打ち損じだと思っていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月15日のニュース