×

ロッテ キューバ人大砲獲得決定的 一両日中に合意へ

[ 2014年7月15日 05:31 ]

キューバ代表のデスパイネ

 ロッテが、キューバ代表のアルフレド・デスパイネ外野手(28)を獲得することが14日、決定的となった。早ければ一両日中に合意するとみられる。林信平球団本部長が数日前からキューバ入りし、現地で詰めの最終交渉を行っているもよう。ある関係者は「今季終了までの契約で、近く発表があるかもしれない」と話した。

 デスパイネは、キューバ国内リーグで史上最多タイの3度のMVPを獲得し、36本塁打のリーグ最多記録の保持者だ。13年のWBCでは大会最多タイの3本塁打。ロッテにとって右の長距離砲は最大の補強ポイントで、長打力と卓越した打撃技術を兼ね備える強打者に白羽の矢を立てた。

 球団幹部は6月下旬にキューバに渡り、デスパイネが実際にプレーしている様子も視察済み。「前回、キューバに行っていい手応えをつかんだようだ」と伊東監督。獲得が決まれば、低迷するチームにとってこれ以上ない起爆剤となる。

 ◆アルフレド・デスパイネ 1986年6月17日、キューバ生まれの28歳。07年からキューバ代表の中核となり、08年北京五輪で銀メダル獲得。09、13年と2大会連続でWBC出場。13年には大会タイの3本塁打。2大会で通算11試合に出場し、打率・314、4本塁打、10打点。キューバ国内リーグでは3度の本塁打王に輝いた。1メートル74、92キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月15日のニュース