コントレラス 引退も マイナー行き通告に返事保留

[ 2014年3月18日 07:41 ]

キューバ出身でメジャー通算78勝を挙げたホセ・コントレラス投手(42)が現役引退する可能性が出てきた。レンジャーズとマイナー契約を結び、メジャーキャンプに招待選手として参加していたが、17日(日本時間18日)にマイナーキャンプ行きを告げられた。球団広報によると、コントレラスはマイナー合流への返事を保留。現役引退を選択する可能性もあるという。

キューバ代表のエース投手として活躍したコントレラスは、02年に亡命。03年に松井秀喜氏の同期として、鳴り物入りでヤンキー スに入団した。ヤ軍では期待通りの働きは見せられなかったが、04年途中でトレードされたホワイトソックスで活躍。05年は井口の同僚としてエース級の登板をみせ、ワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。メジャー通算11年間で299試合に登板し、78勝67敗9セーブ、防御率4・57。今オープン戦は3試合に登板し、0勝0敗、6イニングで防御率は10・50だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月18日のニュース