斎藤 イースタンで今季最長6回を投げ1失点、一発浴び反省

[ 2014年3月18日 15:31 ]

<西・日>3回2死三塁、森を捕邪飛に仕留め、笑みを見せる斎藤

イースタン・リーグ 日本ハム―西武

(3月18日 西武第二)
 日本ハムの斎藤が18日、イースタン・リーグの西武戦(西武第二)に先発し、今季最長となる6回を投げ4安打1失点だった。

 5回1死から美沢に右中間へのソロ本塁打を浴び「ホームランは…ああいうところですね。試合を作っていく中で…」と開口一番反省の弁。

 それでも、右肩関節唇損傷からの完全復活を目指す今季。まず6回を投げたということで「ああやって、試合を作ると楽な展開になる。きょうみたいなピッチングが平均してできるといいですね」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月18日のニュース