池田の岡田監督 聖地に感慨深げ「長年追い求めてきた所」

[ 2014年3月18日 18:56 ]

センバツ 甲子園練習

 池田が1992年の夏以来の甲子園に乗り込んだ。その時も指揮した岡田監督は「長年追い求めてきた所に立って、やっぱりここへ来なければいかんと思った」と感慨に浸った。

 前日(17日)の出発前の朝、蔦元監督の自宅を訪れて霊前に手を合わせた。その際、キミ子夫人から「一つ勝って来てね、といわれて元気をもらった」という。

 ノックの後はレギュラーだけが打撃練習。投手陣はマウンドの感触を確かめた。海南との初戦の鍵を握るエースの名西は「優勝を目指しているから絶対に勝ちます」と力強く言い切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月18日のニュース