巨人 完封リレーで西武に快勝!大竹 2回1/3無失点

[ 2014年3月18日 15:52 ]

<西・巨>巨人先発の大竹は2回1/3を無失点

オープン戦 巨人4―0西武

(3月18日 西武D)
 巨人は4回、松本、長野の連打で無死一、二塁とし、初回に負傷の村田に代わって4番に入った井端が右前適時打を放ち先制。2死後にロペスにも中前適時打を放ち2点を奪った。7回には井端の二塁打と高橋の右前打で無死一、三塁とし、ロペスの投ゴロ間に追加点。さらに失策の間に加点した。長野は3安打、井端と高橋由のベテランがともに2安打と存在感を示した。古巣・西武戦に先発の片岡は初回に安打を放つなど、4打数1安打だった。

 投げては先発の大竹が2回1/3を投げ1安打無失点。その後は笠原、マシソン、山口、青木、香月で完封リレーを達成した。笠原が2勝目をマーク。

 西武は「5番・一塁」で中村が復帰したものの、散発4安打に終わった。先発牧田は5回6安打2失点。3番手の西口も7回に1イニング投げ、3安打2失点(自責点1)だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月18日のニュース