WS視聴率 昨年比17%増!1490万人が見た

[ 2013年11月2日 06:00 ]

 大リーグ機構は、今年のワールドシリーズを、1試合平均で昨年比17%増となる1490万人が米国内でテレビ視聴したと発表した。

 米調査会社によるもので、上原、田沢の活躍などで優勝を決めた第6戦はシリーズ最高の1920万人が視聴。地元ボストンでは上原が最後の打者を三振に仕留めた瞬間についていたテレビの86%が試合の中継だった。また、ポストシーズン全体の視聴率は20%増だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月2日のニュース