オリオールズが和田との選択権破棄か 地元紙報道

[ 2013年11月2日 17:15 ]

 昨年5月に左肘を手術し、米大リーグのオリオールズでメジャー登板のないまま2年契約を終えた和田毅投手(32)に対し、球団が来季契約の選択権を行使しない見込みだと1日、地元紙ボルティモア・サン(電子版)が伝えた。球団はマイナー契約を結びたい意向を持っているという。

 和田は今年5月に傘下のマイナー3Aで公式戦に復帰し、19試合に先発して5勝6敗、防御率4・03の成績だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年11月2日のニュース