藤田 強行出場へ!「痛みはあるけど、出ます」

[ 2013年11月2日 06:00 ]

クラブハウスを出る藤田

日本シリーズ第6戦 楽天―巨人

(11月2日 Kスタ宮城)
 第5戦で左ふくらはぎに死球を受け、途中交代した楽天・藤田が、2日の第6戦のスタメン出場へ強い意欲を示した。

 「いけそうな気がします。痛みはあるけど、大丈夫。(第6戦は)出ます」ときっぱりと言った。第5戦では10回に途中交代。悔し涙を流し、試合後は車椅子で引き揚げた。一夜明け、仙台に戻る前に横浜(現DeNA)時代に通った横浜市内の病院で治療を受けた。「魔法をかけてもらいました」。全体練習には参加しなかったが、自力で歩き、球場で首脳陣に状態を報告し、仙台市内の病院へ向かった。

 藤田は第2~4戦まで3試合連続適時打をマーク。主将で遊撃の松井とコンビを組む二遊間は鉄壁で、攻守ともにチームにとって欠かせない存在だ。鈴木内野守備走塁コーチは「藤田がいけるなら一番いい。相手へのプレッシャーにもなる」と話し、平石打撃補佐コーチも「守備はもちろん、攻撃への流れもつくれる。前後の(打者の)兼ね合いも頭に入れて打席に入れるバッターはそういない」と信頼を寄せる。

 最終的には試合直前まで状態を見極めて決める。藤田が出場できないとなった場合は、阿部の出場が濃厚となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月2日のニュース