第7戦信じて調整…杉内「やれることをやるだけ」

[ 2013年11月2日 06:00 ]

明るい表情で練習する内海

日本シリーズ第6戦 楽天―巨人

(11月2日 Kスタ宮城)
 巨人の杉内、内海の両左腕は3日の第7戦を信じて調整した。

 2回途中4失点でKOされた第3戦から、中4日での先発が有力視される杉内は「やれることをやるだけ。もうあと1試合か2試合だけだから(疲れは)大丈夫」。前日の第5戦に先発し6回92球を投げた内海も、第7戦は中2日でブルペン待機の方針で「まずは(第6戦を)応援。疲れはないです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月2日のニュース