高橋由 勝ち越し打「何とかバットに当てようと必死でした」

[ 2013年11月2日 21:20 ]

<楽・巨>お立ち台でガッツポーズの高橋由(左)と菅野
Photo By スポニチ

コナミ日本シリーズ2013 巨人―楽天

(11月2日 Kスタ宮城)
 巨人・高橋由が、楽天のエース・田中から値千金の勝ち越し打を放った。5回に2―2の同点に追いつき、さらに2死一、三塁。カウント2ストライクからの3球目、149キロの直球を鋭く中前に運んだ。「何とかバットに当てようという気持ち。それだけ。必死でした」。直前の1死一、三塁で、打者・亀井の5球目にベンチの原監督はダブルスチール敢行。この場面では三塁走者がアウトとなったが、38歳のベテランが快打で勝ち越し点をもぎ取った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月2日のニュース