“地獄の掛布塾”始まる…キャンプ合流「選手の成長の手助けを」

[ 2013年11月2日 08:22 ]

<阪神秋季キャンプ>宿舎に到着した掛布コーディネーター

 阪神のGM付育成&打撃コーディネーターに就任した掛布雅之氏(58)が1日夜に安芸入り。2日から秋季キャンプに合流する。伊藤隼、今成、森田、中谷ら殻を破りきれない若手選手の打撃向上のため、指導に当たる掛布コーディネーターは「選手の成長の手助けができるように、あすからできる限りのことをしたいと思います」とコメント。ともに汗を流し、バットを振り、徹底的に鍛え抜く構えでいる。

 和田監督もキャンプイン直前の10月28日に会談の場を持ち、意見交換した。「外から見てどうだったかという話を聞かせてもらった。新たな発見があったよ」と収穫の多い席上だった事実を語っている。叫ばれて久しい「生え抜きの大砲」誕生へ“地獄の掛布塾”がまもなく開講する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月2日のニュース