星野監督 凱旋フィーバーに「仙台で嫌われとるからな」

[ 2013年11月2日 06:00 ]

仙台駅に到着した星野監督

日本シリーズ第6戦 楽天―巨人

(11月2日 Kスタ宮城)
 楽天・ 星野監督が仙台駅で約1000人のファンから熱烈歓迎を受けた。ライトグレーのスーツ姿で凱旋すると、「日本一になって」「優勝だ」の声とともに拍手が湧き起こった。「俺は仙台で嫌われとるからな」と冗談を飛ばしながらも、一つ一つの声援を受け止めるように車へ乗り込んだ。

 中日、阪神監督時代で計3度日本シリーズに出場したが、全て敗退。自身初の日本一までのあと1勝を田中に託す。誕生日を迎えたエースに「あす(2日)にとっておけよ、誕生日(祝い)を」と笑い「(完投は)当たり前だ。たくさん点を取ってやるから頑張れ」と完投勝利を厳命した。仙台駅からは同市内の医院に直行。持病の腰痛の治療を受け、全体練習もコーチ陣に任せ、静養に努めた。「仙台での勝負になる」とシリーズ開幕前から思い描いていた本拠地での日本一は、手の届くところにある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月2日のニュース