和製大砲へ オマリー打撃C補佐 ウエスタン2冠王を熱血指導

[ 2013年11月2日 08:33 ]

<阪神秋季キャンプ>森田を指導するオマリー打撃コーチ補佐
Photo By スポニチ

 オマリー打撃コーチ補佐の初日は、森田の熱血指導だった。関川打撃コーチの要請を受けて、フリー打撃後にスタート。身ぶり手ぶりを交えて打撃フォームにメスを入れた。

 「上半身がうまく使えていない。(上半身が)動き過ぎると対応が遅れたりする。(バットを)真後ろに引くような形」

 同コーチ補佐と森田には共通点がある。身長も同じ1メートル85で左打者。一発を秘めた打撃スタイルも似ている。それだけに関川コーチから「体格も一緒だからね。(指導を)お願いした」とマンツーマン指導に至った経緯は当然の流れだった。今季も1軍に定着できなかった森田だが、ウエスタン・リーグでは本塁打と打点で2冠王を獲得。チームにとって数少ない和製大砲として期待される逸材だ。

 その素材には初指導した同コーチも目を細めた。「いいパワーを持っている。修正すればいい結果を残せる」。来季で入団7年目。1軍での結果が求められるシーズンとなる。「すべてで向上していかないといけない」。オマリーならぬ“コマリー”が打撃向上へ向けて実りの秋を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月2日のニュース