桐光・松井 早くも気持ちは楽天の一員「しっかり準備しないと」

[ 2013年10月31日 18:15 ]

ドラフト1位指名した桐光学園・松井(中央)に指名あいさつを終え握手する楽天・早川スカウトグループマネジャー(左)と安部井スカウト部部長

 楽天からドラフト1位指名を受けた桐光学園・松井裕樹投手(18)が30日、神奈川県川崎市内の同校で指名あいさつを受けた。

 楽天は安部井寛スカウト部部長、早川実スカウトグループマネジャー、後関昌彦スカウトの3人が訪れ、松井とがっちりと握手。約20分間、指名理由などの説明をした。

 松井は、29日に東京ドームで行われた日本シリーズ第3戦を観戦し「あの舞台で自分がプレーできるようにしていきたい。ユニホームが似合ってくれればいい」 と早くも、気持ちは楽天の一員。「自分が入ることで喜んでくれる人がいるならうれしい。しっかり準備しないといけないと思った」 と語った。

 安部井部長も 「ドラフト1位で高い評価をしている。軸になってくれる投手になってほしい」と期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月31日のニュース