PR:

川上哲治氏死す 打撃の神様、巨人V9監督 大往生93歳

73年、日本一9連覇を果たし球場を一周する川上監督(中央)、牧野コーチ(右)、長嶋(左)ら

 「打撃の神様」「V9監督」として知られた元巨人監督の川上哲治(かわかみ・てつはる)氏が28日午後4時58分に老衰のため東京都稲城市の病院で死去していたことが30日、分かった。93歳だった。葬儀は近親者のみで行った。巨人の強打者として終戦直後の国民に夢と希望を与え、監督としては65年から73年まで不滅のV9を達成した。選手と監督の両方で燦然(さんぜん)と輝く成績を残した川上氏。日本シリーズ中の訃報に関係者は深い悲しみに包まれた。

 戦前戦後におけるプロ野球の大スターがこの世を去った。川上氏は春先まで元気に過ごしていたが、5月に自宅で転倒し、肋骨を骨折。これが引き金となって持病の心臓病が悪化し、全身の免疫状態が低下する老衰の状態が進み、28日に息を引き取った。長男でノンフィクション作家の貴光(よしてる)さん(67)は「本当に静かにスッと呼吸が止まった。最期に話したり、声を出すことなく、眠るように亡くなりました」と振り返った。通夜、告別式は遺言により、既に家族葬として済ませた。

 川上氏は現役時代に「打撃の神様」と呼ばれ、2年目の39年に今も球界最年少記録として残る19歳で首位打者に輝いた。「赤バット」で弾丸ライナーを打つ姿は、終戦直後の日本に夢と希望を与えた。56年には球界初の2000安打を達成した。58年に引退し、61年に巨人の第8代監督に就任。長嶋、王の2大スターを擁して65年からは不滅の9年連続日本一の偉業を達成し、74年に退いた。野球界では「名選手、名監督にあらず」という言葉がよく使われるが、川上氏は選手と監督の両方で燦然と輝く成績を残した。背番号16は永久欠番になっている。

 川上氏はユニホームを脱いでも「球界のドン」としてネット裏から目を光らせた。野球解説の傍ら、少年野球の育成で全国を巡回し、ブラジルや旧ソ連まで出向いて指導に当たった。野球一筋の人生だった。07年6月8日には巨人通算5000勝記念イベントとして、東京ドームで行われた「栄光のV9シリーズ」(楽天戦)で元気な姿を見せた。09年9月29日、V9戦士の土井正三氏の葬儀で弔辞を読みささげたのが、公の場では最後の姿。3年前に脳梗塞で倒れた。

 後遺症はなかったものの、最近ではテレビ観戦もできなかった。脳梗塞で倒れる以前は巨人の試合をテレビ観戦しながら、原監督の投手起用で「俺だったら我慢できないな」と苦笑いしたり、「何で代えるんだ!」と声を上げたりしていたという。1カ月半ほど前に入院したのは、稲城市のよみうりランドにある慶友病院。巨人選手が汗を流すジャイアンツ球場とは、目と鼻の先だった。

 戒名は「大徹院赤心哲山居士」(だいてついんせきしんてつさんこじ)。現役引退後、岐阜の正眼寺に禅の修行に20年間通った際、世話になった老師からいただいたものだという。くしくも、赤バットと同じ「赤」の文字が刻まれている。

 巨人がV9最後の73年以来、40年ぶりの日本一連覇を目指している真っ最中の悲報。川上氏は楽天との日本シリーズが始まったことも知らずに死去したが、この日、原巨人から弔いの白星をささげられた。原監督はもちろん、自身がつけた背番号77を背負う楽天の星野監督とのつながりも深い。川上氏は、きっと両監督の熱い戦いを天国から見守っていることだろう。

 ◆川上 哲治(かわかみ・てつはる)1920年(大9)3月23日、熊本県生まれ。熊本工では甲子園に3度出場し、2度の準優勝。38年に投手として巨人入団。同年一塁手に転向。39年には打率.338で史上最年少の19歳で首位打者を獲得。戦争を経て46年に現役復帰。打率3割を13度記録し「打撃の神様」と呼ばれた。58年現役引退。61年に巨人監督に就任し、65年から9連覇を達成。74年に監督退任。監督在任中の65年に野球殿堂入りを果たした。現役通算成績は1979試合で打率.313、181本塁打、1319打点。監督通算成績は1066勝739敗61分け。就任14年間でリーグ優勝、日本一ともに11度。巨人の背番号「16」は永久欠番となっている。

[ 2013年10月31日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月26日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム