ベルトランが唯一の打点「チームが成し遂げたことを誇りに思う」

[ 2013年10月31日 16:39 ]

Wシリーズ第6戦 カージナルス1―6レッドソックス

(10月30日 ボストン)
 7回にカージナルス唯一の得点をたたき出したベルトランは「4試合目の負けが痛かった。打線もいい仕事をしたけど、少しもの足りなかった」と、反省を交えながらワールドシリーズを振り返った。

 ポストシーズンに強い両打ちのベテランは、ことしも17試合で15打点と打線を引っ張った。初出場だったワールドシリーズは悔しい敗戦で終幕。とはいえ「負けたことは残念だけど、チームが成し遂げたことを誇りに思う」と下を向くことはなかった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月31日のニュース