テロ厳戒態勢の中…上原 ポストシーズン最多8SでW世界一だ

[ 2013年10月31日 06:00 ]

第6戦に備え、練習に参加したレッドソックス・上原(右)と田沢

ワールドシリーズ第6戦

 大リーグのポストシーズン最多記録となる8セーブ目を狙うレッドソックスの上原は、キャッチボールやランニングで調整。コメントすることなく球場を後にした。

 チームは勝てば1918年以来、95年ぶりの本拠地での世界一。田沢は「そうなれたらいい。しっかり準備したい」と気合を入れた。一方で歓喜の瞬間に向け、ボストン市は厳戒態勢を敷くと発表。今年4月に起きたボストンマラソン連続爆破テロの影響から、試合当日は爆弾処理班を含め2000人以上の警察官を動員する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月31日のニュース