4月のテロ以後「B STRONG」 街に勇気与えたレ軍

[ 2013年10月31日 20:21 ]

Wシリーズ第6戦 レッドソックス6―1カージナルス

(10月30日 ボストン)
 連続爆破テロがあったボストンを本拠とするレッドソックスは、街に喜びを届けようと奮闘した。

 4月の事件以後、チームは「ボストンは強い」「強く生きよう」などの意味を込めた「B STRONG」のロゴをユニホームなどに使用。ポストシーズンに入ると、本拠地フェンウェイ・パークの外野の芝もその模様に刈られ、この日も二塁手のペドロイアがロゴ入りの旗を誇らしげに掲げた。

 ファレル監督は「このユニホームを着た人は何が起こったか、どんなシーズンの終わり方をしたかを忘れないだろう」と静かに話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月31日のニュース