PR:

JR東エース吉田 7回途中3失点 オリ森脇監督観戦の中で平常心

社会人日本選手権第4日 JR東日本7―4大阪ガス

(10月31日 京セラD)
 JR東日本の吉田は、ドラフト1位指名を受けたオリックスの森脇監督が観戦する中でも「意識せず平常心で」7回途中3失点にまとめた。「悪いなりに役割は果たせた。チームは勝ったので百点満点」と初戦突破の満足感に浸った。

 189センチの長身から伸びのある直球を低めに集める制球力には大器の片りんを見せた。森脇監督は「全体的に非常にバランスが良い。必ずやってくれる」とプロでの活躍を確信したように言った。

[ 2013年10月31日 21:33 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月22日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム