1800人出席し園遊会 長嶋さん「回復60%」、川上さんも話題に

[ 2013年10月31日 19:41 ]

 天皇、皇后両陛下主催の秋の園遊会が31日午後、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、プロ野球巨人終身名誉監督の長嶋茂雄さんや、80歳でエベレスト登頂に成功したプロスキーヤー三浦雄一郎さんら約1800人が出席し、天皇陛下や皇族と懇談した。

 2004年に脳梗塞で倒れた長嶋さんに陛下が「お体の方はいかがですか」と体調を気遣われると、長嶋さんは「だいたい60%になっています」と笑顔を見せた。国民栄誉賞の受賞に「おめでとう」と祝福。28日に死去した元巨人監督川上哲治さんも話題になり、陛下は「大勢の人を育てられて」と業績をたたえた。

 三浦さんは同年代の陛下から「前もってのトレーニングをやられたようですね」と声を掛けられ「10年がかりくらいでやっています」。歌手の由紀さおりとのやりとりの中で陛下は、昨年の心臓バイパス手術後、由紀の代表曲「夜明けのスキャット」をかけながら歩行訓練をしていたことを振り返った。

 招待者が並ぶ列の前を回る陛下に、山本太郎参院議員が直接、手紙を手渡す場面もあった。手紙はすぐに、そばにいた侍従長が預かったが、山本議員によると、原発事故による子どもたちの放射線被ばく状況などを知ってもらうためだったという。

 園遊会には中央官庁が分野ごとに推薦した各界の功労者や国会議員、官僚、自治体の首長らとその配偶者が招かれた。漫画家のちばてつやさんや、歌舞伎役者の中村吉右衛門も出席した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月31日のニュース