ジョーンズ貴重な適時打は3戦連続打点 中堅守備で3飛球さばく

[ 2013年10月31日 23:28 ]

10回楽天2死三塁、遊ゴロを放ち一塁に駆け込むジョーンズ。セーフとなり適時内野安打となる。一塁手中井

日本シリーズ第5戦 楽天4―2巨人

(10月31日 東京D)
 楽天のジョーンズが延長10回、3―2と勝ち越した直後に適時内野安打を放ち、貴重な1点を加えた。三遊間への高く弾んだゴロで懸命に走り、坂本の送球より一瞬早く一塁ベースを駆け抜けた。これで3試合連続の打点をマークした。

 この日は、かつて米大リーグで慣れ親しんだ中堅で先発出場。4回に左翼へ移るまでに三つの飛球を捕った。攻守できっちり仕事をこなし「久しぶりで疲れたが、不安はなかった」と笑顔で振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月31日のニュース