好調の谷繁 1回に適時打!「集中して振った」

[ 2011年8月27日 20:29 ]

1回中日2死三塁、谷繁が左翼線に適時二塁打を放つ

セ・リーグ 中日3―0横浜

(8月27日 横浜)
 中日が1回、打撃好調で5番に座った谷繁の適時打などで2点を奪った。

 荒木の安打と大島、森野の連続四球で無死満塁とし、和田の遊ゴロ併殺の間に1点を先制、なお三塁で谷繁が左翼線に二塁打を放った。

 25日のヤクルト戦では、プロ入り23年目で初めて一塁で先発をしたが、この日は“本職”の捕手での出場。プロ初登板の横浜先発、国吉を攻略した谷繁は「初めての対戦だったので、集中してストライクゾーンのボールを振った」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月27日のニュース