巨人が逆転勝ち!阿部が同点打、長野が勝ち越し打

[ 2011年8月27日 21:30 ]

8回巨人2死三塁、長野が中越えに勝ち越しの三塁打を放つ

セ・リーグ 巨人2-1広島

(8月27日 マツダ)
 巨人は0―1の7回に阿部の左翼線二塁打で追い付き、23イニングぶりの点を奪った。阿部は「(俊足の)尚広(鈴木)が走者だったし、バットを短く持って外野フライをと。できることをやって出た安打」と胸を張った。さらに、8回に長野の中越え三塁打で勝ち越した。

 東野が7回を5安打1失点で6勝目。8回からは山口、久保とつないだ。

 広島は2番手の今村が踏ん張れず、連勝が3で止まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月27日のニュース